2011年03月02日

「怪しい三兄弟」

先週で終わってしまった〜(><) なんか気が抜けた、最後の2,3話でお母さんが急に気持ち悪いほどいい人になってきて、最終的にはまーるくおさまってハッピーエンドだろうとは思ったけど、あんなに早く2年後になってしまうとは想像外だった。
衝撃的だったのはイ検事の結婚(^0^)/ 
気になっていたヨニは、やっぱり遠くへ行くしかないか・・・
昨日からまた再放送が始まったので1話を見てみたけど、なかなか引っかけがたくさんあって、面白くできてた。あの時はオヨンが電話かけてる相手がイサンなのかと思っちゃったし、コンガンの離婚した奥さんがチョンナンか?って思っちゃったりしてた・・まんまとひっかかって見ていたたらーっ(汗)
70話という長い時間の中に繰り広げられた膨大なセリフの量に圧倒されるけど、これだけしゃべるから、リアルな感情がストレートに伝わって来る。それにくらべて日本のドラマはセリフがコンパクトで、あらすじだけのような展開で10回そこそこで終わってしまって、ちょっとものたりないな・・・


posted by rei at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

取り越し苦労

「怪しい三兄弟」63話〜やっぱりオヨン父の手術結果は何でもなかった(^0^)/
とんだ取り越し苦労だったね・・遺書まで書いて・・中身は涙ものだったけど・・
オヨンもやっと自分の間違いに気が付いた・・長かったけど、やっとここまで来て素直になった。
人間って悲観的タイプと、楽観的タイプ、こういうときによくわかる。
どちらかというと、悪いほうに考えちゃって暗くなって落ち込んで覚悟したりしていると、いざ結果が悪かった時にも少し耐えられるような気がする。もし良い結果なら、最悪の状態から逃れたことで、感謝の気持ちいっぱいで何もかもがありがたく感じられて日々の生活を大切に過ごすようになる。逆に、なんでもないだろう・・なんて気楽に考えているとそのショックは計り知れないし、良い結果ならやっぱりね〜っと軽く流れてしまう。
ところで、チキン屋を始めたお父さんはどちらかというと楽観的タイプ。でなければ、あの年で慣れない調理をしてお店をやろうなんて考えないだろう。危なっかしいとは思ったけど、それにしてもずいぶん大規模な詐欺(><)同時にこんなに被害者が殺到しているとは・・・
家族がそろって珍しくなごやかな雰囲気の中、自信満々でチキン屋のこと切り出したお父さんだったのに・・でた〜お母さんの鬼顔どんっ(衝撃)
お父さんかわいそう(><)さあ明日は・・
posted by rei at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

「怪しい3兄弟」

昨日は録画をみようとしたら、グラミー賞の生中継でドラマではなかった(><)
そういえば、そんな告知があったっけ・・それでせっかく録画してあるからとグラミー賞をとばしながら見ていて、いよいよ発表〜って時に、録画が終わってた(><)たらーっ(汗)

そしてやっと今日、62話、もう残り少ない・・これって大河ドラマよりもずっと長くおつきあいしているわけだから、登場人物だけでなく、喫茶店の椅子までおなじみになった(^^)
今回はオヨン父の突然の結婚撤回から始まった・・・病院で何か悪い結果が出てソリの将来を考えての決心だったのだけど・・・そんなふうになるわけない・・結局結婚式を挙げられてヨカッタ。
私はてっきりかなり悪い結果が出たのだと思っていたら、なんとポリープが見つかっただけのようで、これから手術で詳しく調べるとか・・・自分の時のこと思いだすがポリープがあるというだけで、ほんとうにお先真っ暗になった(><)たぶんオヨン父もそうだったんだろう、やっぱり最悪のこと考えちゃうから、検査結果が出るまではほんとに不安。たぶんこういうドラマだからきっと大丈夫・・・
ヒョンチャルの裁判もクライマックス、ヨニはこのあとどうする??なんか引っかかるな・・・
それとお父さんのチキン屋さん、大丈夫かな〜(−−)
ナンジャ姉さんも幸せを見つけそうだし・・なんか急に進んでないか??
最近お母さんに改善のきざしが・・・チョンナンも感激するくらい、あ〜でもまたウソ言ってしまうかも・・ヘンソンはどうしてるだろう・・
さて明日は何から始まるのか・・まだまだ面白くなりそう。
posted by rei at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

「おじさん」

再開した「怪しい3兄弟」昨日も今日もヘンソンに涙(T_T)
51話は死ぬ気で決着をつけに行ったコンガンとヘンソンの対決・・ヘンソンが自分の気持ちを整理し、この結論に至ったこと・・・見ているほうは何度もあれ?どうなの?って心配した〜でもやっぱりイイ結果だった。
「おじさん」というのが答え。そしてジョンナムと一緒に一日過ごせることになったヘンソンに(T_T)
それでも51話のラストはちょっと不安がよぎるように作ってある・・でもきっと大丈夫だと思ってた。そしたら今日は穏やかなヘンソンの顔を見て泣けた・・「おじさんにも同じ年頃の子が居て・・・」って(T_T)
そして約束どおりジョンナムを渡しておわりかな・・と思ったらラストにまたまた涙の出番があった(T_T)チョンナンとの別れ・・これで思い残すことなく再出発できる〜ヘンソンがいい人でポイントグッド(上向き矢印)でよかった〜とりあえずコンガン一家はめでたしめでたし(^^)

一難去って又一難、お父さんの身に起こった事件、悪気はないのにね・・やさしかったからこんな事になっちゃった(><)
こわいヨニのたくらみ(ヨニは悪役のままなのだろうかっていうのが気になる)、イサン一家の同居問題、ヒョンチャルの仕事、オヨン父とウミ母のこれから・・まだまだこれからの展開が楽しみだけど、最近オヨンがちょっとバッド(下向き矢印)だな〜一方的に同居を決めてくるお母さんのひどさは全然変わらず、反省のかけらもなく出てくる言葉に唖然・・もう最悪だバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
posted by rei at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

「怪しい三兄弟」27話

イサンが大変どんっ(衝撃)主人公だから安心してみているけど、こんなことになるなんて〜
これでオヨンが留学を思いとどまるのかな・・と思ったけど、タイミングよく?邪魔が入ったりしてすんなりいかない・・イサンとオヨンの問題はずっと長引くんじゃないかと思ってたので・・・今日の展開はちょっと予想外に早くよい方向に向かってヨカッタ(^^)
イサンの負傷が父親の心に変化をもたらし、過去の心の傷を乗り越えさせた。和解がこんなに早く訪れるとは・・・でも大きな壁はまだ半分残っているし・・
やっぱりお父さんのほうが人間できてるな〜それに引き替え、お母さんはヒドイな〜
ますますイヤになっくる、ウミの母親(ケ・ソリ=たわごと)は名前の通りいい加減言ってるようだけどズバリ当たっていてまともだ。
ウミはえらいな〜ヒョンチャルも。ヨニとヒョンチャルの関係が明日からメインになりそうだ・・
コンガンはいったい何をやっているのやら・・登場人物の名前が皮肉っているのがオモシロイ。お母さんが(チョン・グァジャ=前科者)というのがケッサク、長男の嫁の真実を知ったらなんて言うんだろう・・・それが楽しみだ・・

この頃韓国語の勉強はさっぱりだけど、ドラマを見ていると敬語の使い方がほんとに大変なんだな〜と思う。年上には敬語、立場が上の人にも敬語、当たり前かもしれないけど、ここまで厳格に区別しないといけないというのは面倒だ。
今日の父親同士の会話ではないけど、老けて見えると敬語を使われてしまうとなると・・・女の人は老けてみえて年上に思われるのはいやだろうけど、かといって若く見えて年下に見下されるのはイヤなんだろうし・・そんなこんなで人間関係は言葉ひとつで争いの元に・・・
posted by rei at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

怪しい三兄弟 11話

今朝は遅出だったので、気になってた最初のシーンを見てから出掛けた。
く〜、ワン・ジェスめ、うまくとりつくろった〜(`□´)+
さすが検事だけあって頭の回転が速い・・あんな作り話をだしてくるとは・・
でも、ウソにウソを重ねてだんだん身動きができなくなるぞ〜と思ってたら案の定だんだん苦しくなってきた・・
でもその都度「部長」「部長の奥さん」って、マァ〜あきれた。
どこでばれるのかって、ワクワク(笑)またいいところで終わってしまうのかな〜と思ったら、今日はたっぷり見せてくれてヨカッタ。
まさかこんな展開になるとは・・直接出会っちゃった二人、事情が飲み込めないオヨンがかわいそう・・やっとわかった?でもどうなんだろう・・予告編でちょっと混乱した・・
明日は休みだから朝見てしまおう(^^)
そしてそれから「THE BEST BANG!!」CDの届くのを楽しみにしていよう。発売日以降のお届けってあったのでどうかなって話してたら・・今ヤマト便からメールがきた!!明日の午前中に届くように変更しておいた(^^)v

今、メッセージという番組、本人が登場してしゃべるのかと思ったらちがったのね・・
でも「遠くへ」るんるんは原点だな〜
posted by rei at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

今度は3兄弟

11月からWOWOWで新しい韓ドラが始まった・・
「怪しい三兄弟」というタイトルにつられて見ることに。
今日までで8話、だんだん次回が待ち遠しくなってきてはまりそう。(^^)
今までのところ怪しいのは三兄弟ではなく、オヨンの父と、オヨンの元恋人ワン・ジェスなんだけど・・
ジェスは最初からイヤなヤツで、典型的な憎まれ役だと思ってた・・ところが7話でオヤ?ほんとはいい人なのかな?〜みたいなムードが流れた。顔もあの憎々しさが消えていたし、コロッとだまされるところだった・・アブナイ・・そしたら今日になってやっぱりとんでもないヤツだった〜(−−)+
韓国のホームドラマを見ると、食事のシーンが多くて、そして料理する主婦の大変なこと。
こんなにたくさんの料理を朝から作るのはタイヘンだ〜いかに自分が手抜きしているか反省(−−);ウミの苦労に共感する視聴者が多いんだろうな〜お姑さんもキツイし・・よく耐えているよ・・

なんといっても70回という超長いドラマ・・これからどんな展開になるかしばらくは楽しめそう。
posted by rei at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

「ソル薬局」最終回

私的には昨日の53話がクライマックスだった。アメリカに行かずとどまったポクシルが、突然ソン家に現れた時点で、やった〜と思った。
そしてそこへ帰ってきたテプンとの再会シーンで終わって今日へ続いたのだけど、すぐにポクシルに飛びつくかと思ったらテプンは半信半疑、ポクシルは昔のキム看のままで平静だ。ここで最後の夜の真相が・・鼻血の原因が分かった(^0^)
2階の中華料理店で、ジャージャー麺を食べるテプンとポクシル、ジャージャー麺は嫌いなはずでは?とポクシル、テプンはポクシルに会いたくなると思い出がいっぱい詰まったこの2階に来て食べていたのだと・・・そこで胸一杯のポクシル、結局待ちに待った決定的シーンはあの階段の所だった。運命の階段とでもいうべき場所で納得。(^0^)/

注目の両家顔合わせ、グァンホ父さんの目は思ったほど丸くならなかったけど・・あの朗々とした声の持ち主が気に入らないらしい・・今までポクシルとの結婚を望んでいたのにここへきて反対だという。でももう時間はないし・・結婚式シーンではなくその前の写真撮影でたっぷりとすてきな二人の姿。
そしてあっというまに3,4年経った?ポクシルはまたパーマ頭に戻っているし、テプンの小児科も復活だ〜
ミランも夢をかなえたし、なんとブルータスとも仲良くなったらしい。
スヒとヨンチョルも落ち着いたし、グァンホと院長も何がきっかけか知らないが気が合うようになったらしい。
ハッピーエンドはいいけど明日からつまらなくなるな〜また1話でも見てみようか・・・最初の頃、ポクシルがこんなにメインになってくるとは予想していなかったから・・
posted by rei at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

「ソル薬局」53話

いよいよあと1回になってしまった〜あせあせ(飛び散る汗)
テプンの手つなぎ作戦はいい結果につながった・・
思いっきり優しい心遣い、家政婦さんの言葉も重なった・・
そして、やはり父親の体調悪化・・でもその前に、緊急手術というジェニファー先生の出番があるとは思わなかった。
出発の前夜ギリギリの出来事、決定的か?と思ったけど、まだ回り道があった。
済州島へ出発するテプン、ハッピーエンドになったと父に報告をして、一人さすらいの旅へ。
ポクシルの気持ちを最後に後押しして、一番大事なことに気づかせてくれたきっかけは父親の手術。今日はリアルタイムで見ていてちょっと席を外したすきに、2,3週間経ってしまったのか、院長が歩いていたのにはびっくり(@@);
そしてソル薬局を訪問、見上げる2階の看板・・院長が変えてくれるのか?なんかやってくれそう・・
グァンホ父さんとヨンダル、院長の顔合わせは予想外でビックリ、何も知らないグァンホ・・明日はあの目がもっと丸くなって飛び出すんじゃないかと思うと今から可笑しくてしょうがない。(^0^)

ミランとブルータスはやっぱり無理なのかな・・・ちょっとわからなくなってきた。スヒはどうなっちゃうんだろう・・
そしてあの笑顔がこの家に戻ってきて、うれしい〜最終回を前にキム看が戻って来たのは意外だったけどやっぱりこうでなくちゃ(^^)
52話では秋夕(チュソク)がメインで、これはお盆のようなものらしいが、祭壇を設けて料理を供え日本よりもっときちんとやっているようで、なかなか興味深かった。お祖父さんがいるからきちんとやらざるを得ないのかもしれないが、準備する母や嫁の苦労は大変だ。→チュソク
秋夕にポクシルはお墓参りに行って、テプンはちゃんとお墓のまわりの掃除をしていた。ヨンダル夫婦がソン家にお土産を持って挨拶に来たし、ブルータスも持ってきた。気を遣ったスジンが注文しておいたのに・・アメリカ育ちのブルータスもちゃんとやっていた・・
オクヒ達が作っていた料理も伝統的なものらしく、テプンが家政婦さんと作っていたのは松餅だろうか・・
posted by rei at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

「ソル薬局」50話

昨日は50話、テプンはそんなこと言っちゃダメでしょう、とか、そんなコトしたらダメでしょう、とか見ててハラハラすることをどんどんやってしまう。明らかに嫌われたってしょうがない〜、デリカシーがなさすぎるっていわれていたけど、正直に思ったことズバズバ言うのが良いところなのかも・・院長もビックリする反面なかなか面白いヤツだと見込んでいるらしい。ポクシルもそういうテプンのことはわかっているから、今さら、どんなこと言われてもどこかでしょうがない人だ〜と受け入れてる。どんなに頭に来ても、結局は今の状態を続けている・・そして手をつないだ〜exclamation×2これはかなり気持ちが傾いてきたな〜いったい、何がポクシルを決断させるんだろう・・・父親か・・・院長の体調がちょっと心配、父親に対する憎しみも少し和らいだかに見えたが・・決定的なものは何だろう・・・そこが楽しみ。
もうひとつ決定的になるのが何なのか・・・わからないのが、ミランとブルータス。ちょくちょく出くわすたびに、フン!っていうかんじだけど、まだまだ謎。月曜が待ち遠しい(^^)
posted by rei at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

「ソル薬局の息子たち」

もう49話・・あと5話で終わりとは〜
仕事から帰って遅いお昼を食べて1時間たっぷりとこのドラマを見るのが楽しみなのに・・・
いよいよ終盤でますます面白さアップ(^^)
ジンプンが片づいたのもつかの間・・次はテプンとはわかっていたけど、ミランとブルータスという可能性が突然出てきてびっくり・・・ちょっと気がつかなかった、息子達の4カップルで終わりかと思ってた。ミランが登場したときから不思議な存在だったけど、こういうことだったとはひらめき
テプンとポクシルは紆余曲折あるけど、いつもポクシルの行くところテプン在りで、しかもあの調子で突っ走るからたまらない(@@)
あんなに落ち込んで反省していたのに、顔を合わせれば昔のままのテプン、照れ隠しか気持ちを素直に言えなくてまたポクシルをガッカリさせてしまう。それでいて院長の家に居候状態とは面白すぎる。ポクシルの豪邸、どこかで見たような門構え・・・と思ったら「雪の女王」に出てきた家だ〜
病院でジェニファー・キム先生にとまどったテプンだったが、今やポクシルはテプンと話すときはすっかり「キム看」に戻ってしまう。院長の家でジェニファー・キムではない「キム看」が現れて驚く妹。気さくな「キム看」からクールな「ジェニファー」に変身したときは驚いたけど、なんとも不思議なキャラクター、ほんとの姿は「キム看」なんだろうな・・でも、女医さんもカッコイイ。
演じるユソンさんはこの役で優秀賞を受賞したそうでこれからの活躍も楽しみだけど、私の頭にはずっとポクシルとして刷り込まれてしまうかも。
posted by rei at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

「ソル薬局の息子たち」

その後毎回、少しずつわかってきた、ポクシルの謎。ポクシルは韓国名だった、父親との仲違いの原因も分かった。
看護師と医者、ポクシルの母と父もそうだった・・・そして、自分もそういう立場でテプンと過ごした3年間。ポクシルのテプンへの思いは母の思いとも重なって深いものだった・・・もうポクシルの気持ちは変わらないのか・・それを崩すとしたらテプンの家族の存在?テプンの思いつきは予想外だった・・・家族との再会ですべて語ったポクシル、それを知ったテプンは昔のように戻れないか・・と言い出すが・・・
このシーンで、テプンの目からみるみる涙が流れ落ちてもうやだ〜(悲しい顔)
うーん、まだポクシルの心はとけない・・まだまだ何かありそう。最終的にはまたあのコンビで笑顔がみられるんだろうな〜と期待してるけど。あの薬局の2階の小児科医院で!
テプンにかわって今度はジンプンがフテ寝、ついに母親に向かって爆発むかっ(怒り)母親がスジンに言ったことを知ったらどうなるんだろう・・
両親の不仲と兄夫婦の不運を、結婚を否定する口実にして一人で苦しむスジンがかわいそう。

家族4人が同時に人間ドックっていうのが面白かったけど・・2年前の今日は私が手術した日だった・・・今頃は鼻にチューブが入っていて身動きもできず辛かったな〜自分の呼吸が止まってまた復活したということは、生き返らせてもらったという、命の更新日みたいなもの。
記念に今年初めてのアサガオの種を蒔いた。
posted by rei at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

ポクシルの秘密 続き

今日の「ソル薬局」では引き続き、ポクシルの謎が判明。
ソル薬局にたどり着くまでのいきさつが出てきた。
ジェニファーが本名、身を隠すつもりだったから偽名を使ったわけで、こんな簡単なこと気づかなかった(−−);テプンがポクシルは変な名前だと笑っていたけど、その国の変な名前というのは、日本人には伝わりにくい・・どんな感じなんだろう・・キム・サムスンの時もそうだった・・テプンは台風の日に生まれたからだそうで、やっぱり変な名前らしい。
ポクシルの父親の病院長は、どこかで見た顔・・・調べてみてああそうだった〜「スターの恋人」の教授だった、あと「ラブレター」の司祭だった。厳格そうで、ポクシルが家出したのもわかる気がするけど、もっと深い訳がありそう。
ポクシル改めジェニファー先生は、腕も確からしい・・そして、突然現れた同僚のパク先生・・・これはまた面白くなりそう・・なんて思っているうちに、テプンが就職先を求めて病院へやってきてどんっ(衝撃)
明日が大変だ(^^)

今日は病院病院のシーンが多かったけど、私も今日は病院の日で似たような風景の中に居た、なんかな〜(−−);病院はいつもより混んでいて時間がかかってしまったけど、自分のが済んでからはすぐにタクシーで今度は義母を病院へ連れて行った・・そんなわけで、病院づくしの1日だった。
posted by rei at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

ポクシルの秘密

GW中お休みだった「ソル薬局」が再開してから、驚きの展開w(0_0)w
スジンが好きなのはジンプンとわかって、テプンが身を引くことを決心したのも、大きな出来事だったけど・・・それよりチラチラと気になっていたこと・・

前から謎だったポクシル(キム看護師)のことが次々と明らかに・・・
まず、3年前に行き倒れのような状態で、ソン家にやって来たということ・・・家庭の事情も明らかでなく、「得体が知れない」とオクヒ母さんは言うが、お父さん、お祖父さん他皆に好かれていて家族同然。
最初は意地悪だったミランもいつしか良き相談相手になってもらっていたので、ポクシルの失踪はショック。ミランにだけは打ち明けた「父親がいるけど会っていない」ということ。そこが今回明らかに・・
ポクシルは意外にも超お嬢様だった(@0@)ここのところがサプライズ〜
ヨンダル家よりすごいお屋敷に、運転手つき・・広い豪華なお部屋、父親は病院長らしい・・そして異母妹がいる。
そして看護師どころかお医者さんだった〜(@0@)
美容院へ行きすっかり変身したポクシル(ジェニファーと呼ばれているのはどういうわけだろ〜)ニューヨークの叔母さんもそう呼んでいた・・・モデルさんのようなショッピングシーン、テプンが見たら卒倒しちゃうだろうな〜
それにしても院長に報告されたソル薬局の評判には、笑った〜、一癖ある近所の人達というのも可笑しすぎる(^^)
明日からの展開がほんとに楽しみ〜
posted by rei at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

薬局

今日は休みなので、朝から韓ドラ(^^)
「ソル薬局」が大変な展開になってきた〜
ジンプンがテプンに、ガツンと言ったし、殴った〜パンチ二人とも気迫あふれるシーンだった・・
穏和なジンプンだったのに・・・本気で怒ったというか、ガマンの限界に・・テプンの母親に対する態度が原因だった・・・これが、日本のドラマだったら、これほどのことにはならないだろうな〜親と子の関係が厳しい・・・と同時に兄と弟の関係も。そこまで独身でいることが肩身が狭いことなのか・・「結婚できない男」でも、親が独身の子供を必死に結婚させたがるし、日本がそうなったら大変(−−)
スジンを巡って気まずいふたりだけど、ついにスジンの告白でえらいことになった〜テプンが見てしまうのかな・・ドキドキ。
一方気になるのは、ポクシル・・母親は亡くなって家族がいないと言っていたが、、父親はいるけど長いこと会ってない・・アメリカで暮らしていたこともあるようで、DVDは字幕無しでOK、ニューヨークに叔母さんがいる、少しずつわかってきた。そして、テプンから気持ちを切り替えて何か吹っ切れた感じ。
ブルータスは相変わらずホロリとさせられる、一生懸命父親をやっているのに・・スジンもいろんなこと背負って大変。
お祖父さんの名言「年下のものには優しく、年上のものには気を配る」がヨカッタ。「敬う」というのではなく「気を配る」がいい。

見終わってから、お昼から雨だというので買い物へダッシュ(走り出すさま)今までネットの通販で買っていた薬が買えなくなってしまって困っていたら、ネットで予約して特定の薬局で受け取ることができるのがわかったので、遠くの行ったことのない薬局へ自転車で出かけた。こんなことでもなければ買わないお店で買うようになるわけで、薬局にとってはいいことかもしれないが、あぶない薬でもないのに対面販売でなければというのは面倒。でも、かかりつけのお医者さんと同じで、かかりつけの薬局があるのはいいこと。実家では何十年も同じ薬局にお世話になっていて、お医者さんに行くほどでない時とても助かった。
しかし、現実は病院の薬をもらう薬局と、普段買うドラッグストア、今回の薬局・・というようにバラバラ。
posted by rei at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。