2012年07月09日

五つ葉のクローバー


更新しないまま一年以上も経ってしまいました。その間引っ越しや父の入院などいろいろ環境の変化もあり、昨夏には父も他界してますます生活が変わりました。それでも過去の記事にアクセスいただいているのはうれしいことで、いくらかお役に立っているのかな〜などと思い、少しずつ書いてみようかと思いました。

DSCN0860-1.jpg昨年四つ葉のクローバーの種をもらったので蒔いておきました。春になって葉がたくさん出てきたものの三つ葉ばかりでがっかりでしたが、だんだん出るようになるという説明を信じて放っておいたら、いきなり変な形の葉を見つけ、おー!よく見ると5枚も!これは縁起がいい(^^)


DSCN1271-1.jpgその後三つ葉の葉を整理して少なくしたら四つ葉が数枚出ていました。










posted by rei at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

深大寺ほおずき祭り

昨日、そういえば深大寺のほおずき祭りだったっけ・・と思い出し即行くことにしました。引っ越して深大寺までは30分ほどで行けますが、35,6度にもなる日にはとても行く気になれません。酷暑の日から一転して肌寒いくらいの日が続き、気温が快適だとこんなに「やる気」が出てくるものなんだな〜(^^)

以前深大寺に行ったのはお正月だったので、夏はまた違った印象です。DSCN1412-1.jpg DSCN1473-1.jpg

門前にはほおずきのお店が出ていますが、浅草のほおずき市よりはずっと少なく露店もでていないので静かでこじんまりしたかんじ、人出もほどほどでゆっくり楽しめます。
DSCN1391-1.jpg DSCN1384-1.jpg

ホオズキと一緒にアサガオもあって朝顔市の風情も楽しめてうれしい。
DSCN1409-1.jpg DSCN1410-1.jpg

前回は初詣でゆっくり見られなかったので今回は少し細かく見ていこうと・・DSCN1392-1.jpg DSCN1393-1.jpg

冬は扇形の前に南天の鉢だったのがハスになっていたりして、次は秋に来てみようか・・
今写真を見て気が付いたのは、大きな「木」の文字があるけどこれは何だろう?
DSCN1394-1.jpg DSCN1398-1.jpg

元三大師堂(左)とその後ろの道を登ったところにある開山堂(右)DSCN1404-1.jpg DSCN1405-1.jpg

元三大師堂の慈恵大師像は50年に一回しか見られないという・・次は2034年だそうだ、この間隔はずいぶんと厳しいものだな〜翌年に気付いたらあと49年待つのって・・・
本日の記念品はほおずき形のお守り(500円)
DSCN1403-1.jpg DSCN1478.JPG

本坊の旧庫裏はかやぶき屋根で中も少しのぞけます。
説明書きには「慶應三年に再建された台所棟、もはや都内では貴重な茅葺屋根の大建築で、ケヤキの大黒柱や梁の重厚感漂う土間・・」とあります。
DSCN1475-1.jpg DSCN1477-1.jpg

門前に戻るとお土産店やらそば店がいろいろ楽しい、そばはまたの機会にして、神代植物園の水生植物園のほうへ足をむけました。
DSCN1408-1.jpg DSCN1472-1.jpg

つづく





















posted by rei at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

神代植物園・水生植物園

案内図を見ながら水生植物園のほうへ歩き出したのですが、何処だろ?とキョロキョロ・・・やっと地味な入口発見・・あとで見たら看板が草に隠れていた(−_−)
DSCN1413-1.jpg DSCN1467-1.jpg

花菖蒲園が手前にありますが花の時期は終わってしまって、訪れる人もまばら・・
DSCN1415-1.jpg DSCN1417-1.jpg

木道を進んでいくと前方にピンク色の花の群落が見えてきました。これはエゾミソハギでお盆の時にお店でしおれた花しかお目にかかれないのでちょっと感動。さらに行くとハンゲショウと混じり合って、ピンクと白とグリーンでとてもキレイ。
DSCN1421-1.jpg DSCN1423-1.jpg

他にもオモダカやアサザ、コウホネ、アシなど沼地の植物がいろいろ見られますが、一番奥まで行くと中央高速道路が見えて、こんなところにこんな自然の沼地があるとは驚きです。時々ウグイスがホーホケキョと鳴いたりして・・
DSCN1425-1.jpg DSCN1428-1.jpg

ぐるっと木道を回ると端の林のほうに深大寺城跡への道があるのですが、鬱蒼とした林の中の山道でどのくらい登るのか・・薄暗くてちょっと怖い感じでしたが登ってみました。(これも涼しかったからで、暑かったら止めてました)
DSCN1460-1.jpg DSCN1458-1.jpg

意外と早く山道は終わり、ぱっと芝生広場が現れてホッとしたのと、今までの世界とは違ったところにポンと来たようでびっくりです。
DSCN1446-1.jpg DSCN1447-1.jpg

城跡というと天守閣のあるようなお城をイメージしてしまいましたが、普通の建物があった場所らしいです。  
DSCN1449-1.jpg DSCN1448-1.jpg



文化庁HP 深大寺城跡 詳細解説へ
DSCN1455-1.jpg DSCN1454-1.jpg

案内図を見ると城跡は水生植物園より広く一角を見ただけでしたが、深大寺も全部見るにはあと何回もかかりそうです、神代植物園のほうもあるしこれから楽しみです。
DSCN1456-1.jpg DSCN1465-1.jpg


















posted by rei at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。