2010年06月02日

のだめ最終楽章

昨日は映画が1000円の日、のだめの最終楽章を見に行った。
これでしばらく映画館へ行くこともないかな・・
ネットで自分の好きな席を予約して行けるようになって映画も億劫ではなくなったけど、よほどでないと映画館までは行かないかも・・
液晶テレビのクリアーな画面に慣れてしまったせいか、映画のスクリーンは暗く感じてしまう。大きなスクリーンいっぱいにパリの風景とか写されると迫力はあるけど、なんかくすんでいるな〜みたいに・・
でも、ヨーロッパの町並みは少しくすんで見えるところがまたキレイなのかも・・
映画館ならではの迫力ある音楽を聴けるのはいい・・・オーケストラやピアノの音をここまで大きく聴けるのはテレビじゃ無理だし。
ハッピーエンドハートたち(複数ハート)はいいな〜安心して楽しく見ていられる。千秋とのだめは今も世界のどこかでこんなかんじで暮らしているように思える。
若い頃に見たら、夢のような憧れてしまうストーリーで人生を変えてしまうかも・・と思った。少なくともこれを見ていてこういう音楽家の世界で生きているような気分を味わうことができるのは楽しい(^^)
峰龍太郎の瑛太クンもパパになるのか〜ウォーターボーイズの頃がついこの間のように思えるけど、もう7年・・・高校生だったのにね〜
時の流れを感じてしまった。
最高の演奏をしてもそれで終わりではない、次はもっといいものを、もっと上へと・・・アーティストの世界は永遠に続いていく。
日常の生活のなかでは、こんなもんでいいや〜なんて思うことがしばしば(−−);どんなことでも、もっとよく、もっと上へと努力しないと・・
あと、目からウロコ的だったのは、クラシックの音楽を聴くとき、作曲家がどういう状況でその曲を作ったかということを、自分は今までほとんど知らなかったということ・・・興味もなくて、ただ曲が好きとかいいとか・・そんなことでしか鑑賞していなかった。千秋の解説を聞いて、その曲にそんな思いが込められていたのかと・・・遠い存在の大作曲家もなんか違った横顔を見た気がした。

posted by rei at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ&TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

「ソル薬局の息子たち」

もう49話・・あと5話で終わりとは〜
仕事から帰って遅いお昼を食べて1時間たっぷりとこのドラマを見るのが楽しみなのに・・・
いよいよ終盤でますます面白さアップ(^^)
ジンプンが片づいたのもつかの間・・次はテプンとはわかっていたけど、ミランとブルータスという可能性が突然出てきてびっくり・・・ちょっと気がつかなかった、息子達の4カップルで終わりかと思ってた。ミランが登場したときから不思議な存在だったけど、こういうことだったとはひらめき
テプンとポクシルは紆余曲折あるけど、いつもポクシルの行くところテプン在りで、しかもあの調子で突っ走るからたまらない(@@)
あんなに落ち込んで反省していたのに、顔を合わせれば昔のままのテプン、照れ隠しか気持ちを素直に言えなくてまたポクシルをガッカリさせてしまう。それでいて院長の家に居候状態とは面白すぎる。ポクシルの豪邸、どこかで見たような門構え・・・と思ったら「雪の女王」に出てきた家だ〜
病院でジェニファー・キム先生にとまどったテプンだったが、今やポクシルはテプンと話すときはすっかり「キム看」に戻ってしまう。院長の家でジェニファー・キムではない「キム看」が現れて驚く妹。気さくな「キム看」からクールな「ジェニファー」に変身したときは驚いたけど、なんとも不思議なキャラクター、ほんとの姿は「キム看」なんだろうな・・でも、女医さんもカッコイイ。
演じるユソンさんはこの役で優秀賞を受賞したそうでこれからの活躍も楽しみだけど、私の頭にはずっとポクシルとして刷り込まれてしまうかも。
posted by rei at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

「ソル薬局」50話

昨日は50話、テプンはそんなこと言っちゃダメでしょう、とか、そんなコトしたらダメでしょう、とか見ててハラハラすることをどんどんやってしまう。明らかに嫌われたってしょうがない〜、デリカシーがなさすぎるっていわれていたけど、正直に思ったことズバズバ言うのが良いところなのかも・・院長もビックリする反面なかなか面白いヤツだと見込んでいるらしい。ポクシルもそういうテプンのことはわかっているから、今さら、どんなこと言われてもどこかでしょうがない人だ〜と受け入れてる。どんなに頭に来ても、結局は今の状態を続けている・・そして手をつないだ〜exclamation×2これはかなり気持ちが傾いてきたな〜いったい、何がポクシルを決断させるんだろう・・・父親か・・・院長の体調がちょっと心配、父親に対する憎しみも少し和らいだかに見えたが・・決定的なものは何だろう・・・そこが楽しみ。
もうひとつ決定的になるのが何なのか・・・わからないのが、ミランとブルータス。ちょくちょく出くわすたびに、フン!っていうかんじだけど、まだまだ謎。月曜が待ち遠しい(^^)
posted by rei at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

「池田屋に走れ」

龍馬は叫ぶセリフが多いと福山が言ってたけど・・・今回の亀弥太を探しに行く時にみんなに向かって、一人でも欠けたらいかんぜよ・・・長くて大変だったろうな〜
そして亀弥太の最期、間に合わなかった、仲間を失ってしまった無念・・龍馬の怒りの行く手に「誠」の旗・・・
池田屋事件というのは歴史の中でどう書かれているのかと少し調べてみたけど、不明な点もあるようだし、「新撰組」側から描くのと、攘夷派側から描くのとでは違ってくるし・・・とにかく今回は龍馬の仲間亀弥太を自刃に追い込んだ憎き「新撰組」という感じがする。
この「龍馬伝」は幕末の人間群像を描くのが主体だということだったから、この時代に生きた人々の「志」、生き方というものを考えさせてくれる。みんなそれぞれの立場で国のためを思い信念を持って生きているのに、時代の流れは容赦なくそういう人たちを飲み込んでいってしまう。
今の時代ではどうなんだろう・・そんな熱意を持ってこの国のために働こうという政治家であると期待したいが・・
後藤象二郎も今は武市さんを苦しめる憎いヤツだけど、この先龍馬に関わってくるようで何が人を変えていくのか・・・
変わらない心を持った人もいるし、牢番の言葉に武市さんは救われただろう。
後藤象二郎の長女は弥太郎の弟弥之助の妻になったということだ。弥太郎といえば、長女が誕生して幸せいっぱい、その長女も後に総理大臣夫人になったというから、このあたりの人と人のつながりはなかなか面白そう。
posted by rei at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 「龍馬伝」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

「ソル薬局」53話

いよいよあと1回になってしまった〜あせあせ(飛び散る汗)
テプンの手つなぎ作戦はいい結果につながった・・
思いっきり優しい心遣い、家政婦さんの言葉も重なった・・
そして、やはり父親の体調悪化・・でもその前に、緊急手術というジェニファー先生の出番があるとは思わなかった。
出発の前夜ギリギリの出来事、決定的か?と思ったけど、まだ回り道があった。
済州島へ出発するテプン、ハッピーエンドになったと父に報告をして、一人さすらいの旅へ。
ポクシルの気持ちを最後に後押しして、一番大事なことに気づかせてくれたきっかけは父親の手術。今日はリアルタイムで見ていてちょっと席を外したすきに、2,3週間経ってしまったのか、院長が歩いていたのにはびっくり(@@);
そしてソル薬局を訪問、見上げる2階の看板・・院長が変えてくれるのか?なんかやってくれそう・・
グァンホ父さんとヨンダル、院長の顔合わせは予想外でビックリ、何も知らないグァンホ・・明日はあの目がもっと丸くなって飛び出すんじゃないかと思うと今から可笑しくてしょうがない。(^0^)

ミランとブルータスはやっぱり無理なのかな・・・ちょっとわからなくなってきた。スヒはどうなっちゃうんだろう・・
そしてあの笑顔がこの家に戻ってきて、うれしい〜最終回を前にキム看が戻って来たのは意外だったけどやっぱりこうでなくちゃ(^^)
52話では秋夕(チュソク)がメインで、これはお盆のようなものらしいが、祭壇を設けて料理を供え日本よりもっときちんとやっているようで、なかなか興味深かった。お祖父さんがいるからきちんとやらざるを得ないのかもしれないが、準備する母や嫁の苦労は大変だ。→チュソク
秋夕にポクシルはお墓参りに行って、テプンはちゃんとお墓のまわりの掃除をしていた。ヨンダル夫婦がソン家にお土産を持って挨拶に来たし、ブルータスも持ってきた。気を遣ったスジンが注文しておいたのに・・アメリカ育ちのブルータスもちゃんとやっていた・・
オクヒ達が作っていた料理も伝統的なものらしく、テプンが家政婦さんと作っていたのは松餅だろうか・・
posted by rei at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

「ソル薬局」最終回

私的には昨日の53話がクライマックスだった。アメリカに行かずとどまったポクシルが、突然ソン家に現れた時点で、やった〜と思った。
そしてそこへ帰ってきたテプンとの再会シーンで終わって今日へ続いたのだけど、すぐにポクシルに飛びつくかと思ったらテプンは半信半疑、ポクシルは昔のキム看のままで平静だ。ここで最後の夜の真相が・・鼻血の原因が分かった(^0^)
2階の中華料理店で、ジャージャー麺を食べるテプンとポクシル、ジャージャー麺は嫌いなはずでは?とポクシル、テプンはポクシルに会いたくなると思い出がいっぱい詰まったこの2階に来て食べていたのだと・・・そこで胸一杯のポクシル、結局待ちに待った決定的シーンはあの階段の所だった。運命の階段とでもいうべき場所で納得。(^0^)/

注目の両家顔合わせ、グァンホ父さんの目は思ったほど丸くならなかったけど・・あの朗々とした声の持ち主が気に入らないらしい・・今までポクシルとの結婚を望んでいたのにここへきて反対だという。でももう時間はないし・・結婚式シーンではなくその前の写真撮影でたっぷりとすてきな二人の姿。
そしてあっというまに3,4年経った?ポクシルはまたパーマ頭に戻っているし、テプンの小児科も復活だ〜
ミランも夢をかなえたし、なんとブルータスとも仲良くなったらしい。
スヒとヨンチョルも落ち着いたし、グァンホと院長も何がきっかけか知らないが気が合うようになったらしい。
ハッピーエンドはいいけど明日からつまらなくなるな〜また1話でも見てみようか・・・最初の頃、ポクシルがこんなにメインになってくるとは予想していなかったから・・
posted by rei at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

あさいち・プレミアムトーク

「ソル薬局」が終わって朝見る番組もなくなったな〜とさみしかったけど、今日は「あさいち」のプレミアムトークに福山登場なのでヨカッタ(^^)
スタジオで生出演かと思っていたら、ロケ地長崎での収録、海を見下ろすグラバー邸でのインタビュー。
どんな姿で登場?・・龍馬か・・・ウァー違う!!髪型も違うし着物も立派。
椅子に座るとき刀をさっと抜くそのカッコよさ・・すっかり龍馬が板に付いている。
やはり生まれ育った長崎でというのが福山らしくてよかった〜対岸の稲佐山の鉄塔が映ったらなんだかグッと胸に迫るモノがあって・・・実は一昨日稲佐山のDVDの後編を見たばかりでその感激が蘇ったし、BSで長崎の路面電車の番組を見てすっかり長崎巡りした気分だったので、今日の福山登場で最高潮。
このトーク思ったより長くてたっぷり・・・そういえばお正月のインタビュー以来かな・・龍馬伝の始まる前のインタビューと今日とでは、同じ質問もあったけど、半年過ぎたということもあってか落ち着いていた。
大河ドラマは体力を使うし、休む時間もないとのこと・・でも、この間も新曲の発表があったし、またさらに新しいドラマ主題歌もでるとは!!一体いつ作っているんだろう・・
posted by rei at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Beautiful Day福山雅治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

サラダ麺

3,4日前に新聞の折り込みチラシで、キューピーの広告が入っていて、「サラダ麺」のレシピが載ってた。普通のそうめんや冷やし中華とはひと味違った涼しげなメニューで、いいな〜と思って昨日は暑かったのでちょっと作ってみた・・・
DSC04474.JPGある材料だけでシンプルに、トマトとキュウリとカニカマとウズラの卵をそうめんの上に乗せてみたら・・・(@@);
なんか怪奇な様相を呈してしまった(笑)
胡麻ドレッシングをかけて食べたのだけど、これなら簡単で、ドレッシングを変えたら色々楽しめそう。

キューピーはキューピーハーフに、ドレッシングと愛用しているのだけど、サンドイッチスプレッドを久しぶりに買ったらビン詰めじゃなくてチューブ入りになっていて、味も昔と違っていた。昔はもっと酸っぱくてキリッとした感じだったのに、マイルドになってしまったような・・・また昔のが食べてみたい〜

キューピー仙川工場いつも実家へ行く途中にに通るのがキューピーの仙川工場、ここではキューピーハーフを作っているとのこと・・でも、来年にはここでの生産は終わってしまうそうで、なんか寂しい・・



posted by rei at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | foods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

家計簿

結婚して以来ずっと家計簿をつけてきた。市販の家計簿というのは項目が細かすぎて面倒だから、ルーズリーフに自分なりのやり方で工夫して見開き2頁に1カ月分おさまるような簡単なメモ書き程度のものを作って記録してきた。
パソコンで家計簿ソフトはいろいろあって、たぶんすごく良くできているのだと思うけど、いちいち家計簿つけるのにパソコンに向かうのも面倒だと思っていたが、考えてみたら最近は朝起きるとパソコンつけて、仕事に行っている間はスリープ、帰ってきてまた見る・・・というふうに1日中なんだかんだパソコンとは離れられない・・この際エクセルの勉強も兼ねて自分で家計簿を作ってみようと思い立った。
そして「かんたんぜったいデキます!エクセル」という本を買ってそこの家計簿の作り方を見ながらやったら、簡単にできた〜(^0^)/
そして1カ月経って1枚のシートが出来上った・・印刷してこれを綴じておけばいいわけだ(^^)v
この本の説明がほんとにわかりやすくてうれしい・・・以前買った本は途中でイヤになった(−−);

そしてなにより感激なのは、自分で計算しなくても合計が自動的に出てくること・・
あらかじめ決まった支出を入れておけばあと残金がいくらかも瞬時に計算してくれる・・当たり前なのだろうけど、これはひらがなを入力して漢字に変換してくれるのと似ていて、だんだん漢字が書けなくなってしまったように、将来計算ができなくなるのか・・といっても電卓に頼っている時点でダメだけど・・とちょっと不安。

それにしても梅雨時はなんかダメだ〜なにもやる気がしない〜
テレビも面白くない・・「龍馬伝」だけは楽しみだけど・・でも武市さんと以蔵が辛い(T_T)


posted by rei at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

なんで

昨夜は寝ながらケータイのワンセグでサッカーを見ているうちに眠ってしまった・・朝起きたら首が変に痛くて上を向けない(><)
結果は・・・テレビをつけるのがドキドキ・・・その前に新聞を取り出してしまった・・見出しで・・そうか〜
でもサッカーはよかった燃え尽きたかんじだった、4年前より、8年前より12年前より強くなった。いろんなドラマがあったけど、今回も歴史的だった。そんな話題で持ちきりかと思ったら、朝出がけに耳にしたパク・ヨンハ自殺のニュース・・・えーなんで??なんで??
どうして・・・あー信じられない、間違いであって欲しい・・とずっと思ってた。
でも帰ってきてネットを見たら、事実らしい、憶測でしかないが、いろいろ苦しい状況だったそうで、発作的なものらしい・・・冷静に考えられなくなってしまうことの恐ろしさ・・・取り返しのつかない悔しさ・・

これから、「期別 キビョル」を聴こうか・・聴けないかも・・
posted by rei at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。