2010年05月01日

「龍馬伝」教科書に

朝、パソコンでニュースを見たら、「龍馬伝」が英語教材で教科書に載るという記事がでていて、びっくりわーい(嬉しい顔)
しっかり福山龍馬の写真ぴかぴか(新しい)が大きく出ていてる。
すごいな〜教科書に載るなんて・・・

ゴールデンウィークというより、グリーンウィーク、植え込みのツツジも新緑が冴えているし、街路樹の新芽はキラキラと輝いて、ほんとに今日はBeautiful Dayだ(^^)
今日は時間がたっぷりなので、2000年の稲佐山DVDを見た。
10年前か〜福山もメンバーもワカイ!はじけてる!もちろん今も若々しいけど、まだ10代の香り〜を感じるような、そんな初々しさがあって新鮮な雰囲気。メガネをかけるとハリーポッターみたいだし(^^)
例のスケスケのシャツがどんなモノなのか・・笑った〜コレか〜わーい(嬉しい顔)
「Good Night」の途中でやり直すなんて・・びっくり、なかなかできないことだ・・
恩師の手紙がよかった・・「遠くへ」も「ただ僕がかわった」もふるさと長崎では特別な想いがこめられているのを感じられて最高。
10年前のライブと10年後のライブ、どちらも魅力いっぱい。新しい曲が加わって常に変わっていくライブだけど原点は変わらない・・・
今回DVD化されたのはお宝が発掘されたようで、貴重な記念すべき1枚になった。



posted by rei at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Beautiful Day福山雅治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

ライブカメラで花見

今日もBeautiful Day晴れ
おでかけ日和だ〜、いつもの日曜よりスーパーはすいていてまったり仕事ができた・・・そのわりには帰ったらグッタリ疲れた〜やはりこのくらいの気温になると、途中で水分補給しないとノドがカラカラ(−−);明日からは飲み物を持っていこう。
やたら果物が食べたくなったり、ジュースが飲みたくなったり、夏だ〜
家についてすぐトマトジュースを飲んだら生き返った〜

パソコンをつけてお楽しみは、ライブカメラ・・
この頃は白馬村観光局のライブカメラが楽しい。
残雪の白馬連峰がすばらしくて、1日に何回も見に行っている。
ここのライブカメラは過去にさかのぼっても見られるのがいい。
朝は?午前中は?お昼頃は?と見てみると、いろいろな山の表情が見られる。
そして今日、待ちかねていた伝行山のシダレザクラがついに見頃に。
昨日よりずっと花が開いてピンク色になった〜
今までほとんど人が写っていることは無かったのに、さすが連休見物人がちらほら。
時間を追って見ていくとオモシロイ〜

白馬には昔スキーで行ったけど、ほんとにいい景色は見たことがなかった。いつも曇ったり吹雪いたりして。今度是非行ってみたい(^^)そしたらここのライブカメラに映ってしまうかな(・_・);

→→ 伝行山の徹然(てつねん)桜
livecam-image_tetsunen.jpg
posted by rei at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 居ながら旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

「海軍を作ろう!」

実にわかりやすい題名で、何故海軍をつくるのかというのが、素直に伝わってきた。今まで、こういう歴史のものは、なんか難しい背景とかいろいろありそうで面倒だったけど、この大河ドラマはわかりやすい。
戦争抑止力を持つための海軍をつくろうとしているのに、真意がわかってない塾生たちがいるというのも、わかりやすい。新しい西洋の技術を目の当たりにして、皆が興奮するのもよくわかる。どんどん知識を身につけて軍艦を操るようになる・・この時期に西洋の文化を取り入れるということがどんなに刺激的で、驚きでいっぱいだったか・・・その勢いが西洋諸国に追いつこうと幕末から必死で歩んできた日本の原動力になったんだな〜と・・
龍馬が勝海舟の弟子になるという道に進んで、武市半平太は危機感を持った・・焦り、戸惑い、恐怖感が、ひしひしと伝わるシーンだった。容堂のワナに武市さんが落ちていく・・かわいそうで見てられない(><)
以蔵は勝の用心棒になってどうなんだろう・・武市さんに対する思いとか複雑だと思うけど・・好きで人斬りをしていたわけでないから、このほうが救われるのだろうが・・

魂ラジで、福山の容堂や勝先生の物マネがすごく面白くて・・あ〜ネットだったらはっきり聞こえたんだろうに・・と残念。もうセリフが染みこんでいる・・・一人芝居みたいで笑った(^0^)

今回はたしか弥太郎が出てこなかった?・・・だからというわけでもないが、今日は香川さんの出ている「劔岳 点の記」を途中から見た。
そしたら、ちょっと弥太郎っぽい香川さんに出会えた(^^)

今は簡単にネットで地図が見られる時代・・地図を見てみた。
そこにはこんなに苦労して立ち向かった人間の偉大な仕事がつまっているんだな〜この細かい図面が今までとは違ったメッセージを発しているように見えてきた。
posted by rei at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 「龍馬伝」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

薬用植物園

なるべく空いていそうな所で、そこそこ興味があるところ・・・小平の薬用植物園に行くことにした。
薬用植物園開園してすぐなら・・と朝早く行ったら、やはり空いている〜
入り口の藤棚と牡丹がキレイでワクワク・・観賞用の園芸植物とちがって薬草は地味〜だから、色とりどりのお花畑は期待していないけど、何が咲いているか・・

2010.5薬用植物園中に入ってみると、まだまだ・・・
以前夏場によく来ていたので、その頃のイメージとだいぶ違う、まだ芽も出していない植物がほとんど。(−−);
開花直前の蕾、ひとつでもいいから咲いてないかな〜と探しても咲いてない・・開花時期に合わせてくるのはむずかしい(><)


2010.5薬用植物園 2010.5薬用植物園
一番カラフルなのは、ケシの花。栽培禁止のケシは、二重の柵の中に厳重に隔離されていて、今日は一つ内側の柵の中にだけ入れて、写真が撮れた。右が柵の中の栽培禁止のアツミゲシ。

2010.5薬用植物園これは栽培して良いヒナゲシなど、こちらは茎や葉に毛が生えているとのこと。
街で道端にはびこっているナガミヒナゲシがここではおとなしく畝に植わっていたが、道端に生えている花のほうがたくましく勢いがいい。


そして、25℃に保たれた温室でガラス越しに対面できる青いケシ。
ガラス越しだから・・と思ったけど、意外と良く撮れた(^^)

青いケシ 青いケシ

2010.5薬用植物園 2010.5薬用植物園
有毒植物のコーナーでは、サクラの絨毯がまだ見られた。
スズランもカワイイのに毒草、こんな説明もあった。
アジサイが有毒とは・・キレイだから飾りたくなる気はわかるが、間違って食べたらコワイな〜がく〜(落胆した顔)
毒と薬は紙一重、病気を治してくれる新しい成分が、こういう植物の中から見つかるかもしれない・・有り難い植物に感謝しなくては・・

ヒナゲシアイスランドポピーサクラソウクワガタソウ
ベニバナトチノキバイカイカリソウギョリュウカイケイジオウ


posted by rei at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

藤の花

昨日、今日ととても爽やかな5月らしいお天気。
この間早すぎた藤の花がどうなったかな〜と寄ってみたら、スゴイ!!
2010.5.9 2010.5.9
長く垂れていて立派、あしかがフラワーパークの藤の花もすごいようだけど、これでも充分(^^)

5月は紫外線が強いからUVカットのサングラスをしたほうがいいらしいけど・・・最近目がトラブル続き(−−);
一昨日は目の白目が真っ赤にがく〜(落胆した顔) 結膜下出血で前にもなったことがあって、その時はビックリして眼科にとんでったけどダッシュ(走り出すさま)別に心配ないとのこと。その時もらったパンフレットに繰り返して起こるときは他の病気も云々とあったので、最近ちょくちょく起こるので心配になってまた眼科に行ってみた。そしたら前とおなじで、自然に消えるまで待つしかないとのこと・・
血管が切れやすくなっているらしい・・・それって脳の血管とかも???って不安になるけど、関係ないから大丈夫・・・っていわれても〜やっぱりちょっと気になる、動脈硬化とか(ーー);
ひどいときは1週間くらい赤いのが消えなくて、みんながギョッとするので、やだな〜と思ったら、今回は比較的すぐに消えてきたので、ヤレヤレたらーっ(汗)
最近ましゃだるまのゲームで目を使ってるし・・・やっと2万点を越えてピンクが出るようになった〜(^^)でも、その先が続かない・・・
とにかく4万点を越えるとむちゃくちゃ速くなるらしい、って2万点でも速くてかなわないのだけど。
posted by rei at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

「攘夷決行」

攘夷決行の通達は5月10日・・・147年前の今日だったのか・・
幕府の本音は「攘夷は不可能」この辺は「篤姫」のときのことが、ちょっと記憶に残っている。でも、描かれている立場によってずいぶん違うものだ。この日に夢が実現すると・・待ちに待った武市さん。
時間が無情に過ぎていき、お殿様からの命令は無い。
失意の中、顔を見せたのは龍馬と収二郎と以蔵。以蔵の本音、収二郎の弁解・・どれもせつない。
そして、龍馬と武市さんの長いシーン、ここが見どころ。少し落ち着いたように見える武市さん、でも、龍馬がちょっと明るいかんじで話しかけてくるのに、どう反応するのか・・ドキドキだった。
でも、冷静だった・・それが余計にせつなかった。土佐に戻って収二郎を救うという武市さんを思いとどまらせようと必死の龍馬、言いたくないことを言わなくてはならない・・苦渋に満ちた表情、お殿様は武市さんを嫌っている・・何故か・・その理由を言うのはつらい。
でも武市さんはお殿様からご褒美に菓子をもらったのだ・・と言って、信じきっている。前回、菓子をもらったときの喜びようが思いだされて余計にせつない。荘ちゃんが言っていた「菓子」=「下士」という皮肉説はどうなんだろう、もしそうだったらほんとうにヒドイもうやだ〜(悲しい顔)
龍馬は武市さんに目を覚まして欲しい一心で、自分の目で見、耳で聞いた容堂公のことを精一杯伝えようとするが・・武市さんの決心は変わらない・・・このもどかしさ・・・ふと、「容疑者Xの献身」のラストで、石神を見送った湯川が目に浮かんだ・・
救いは、武市さんが龍馬にひどいことを言ったけど、憎いと思ったことはない、嫌いにはならない、幼なじみだからということ・・それは以蔵も収二郎も同じ。お互い心の深いところで通じるモノがあったのだな〜

以蔵のおすすめ見どころシーン、逃げるところ・・・確かに危機一髪って所をひょいひょいと身のこなしがすごかった。居酒屋で龍馬が収二郎達を逃がすところも、結構撮影大変だったんじゃないかな・・いろいろ壊れたし・・

土スタでやっとお龍さんの会見が見られた、ずいぶん龍馬の髪の毛が伸びて、顔も黒いし、感じが変わってきてた。(^^)
posted by rei at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 「龍馬伝」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

ポクシルの秘密

GW中お休みだった「ソル薬局」が再開してから、驚きの展開w(0_0)w
スジンが好きなのはジンプンとわかって、テプンが身を引くことを決心したのも、大きな出来事だったけど・・・それよりチラチラと気になっていたこと・・

前から謎だったポクシル(キム看護師)のことが次々と明らかに・・・
まず、3年前に行き倒れのような状態で、ソン家にやって来たということ・・・家庭の事情も明らかでなく、「得体が知れない」とオクヒ母さんは言うが、お父さん、お祖父さん他皆に好かれていて家族同然。
最初は意地悪だったミランもいつしか良き相談相手になってもらっていたので、ポクシルの失踪はショック。ミランにだけは打ち明けた「父親がいるけど会っていない」ということ。そこが今回明らかに・・
ポクシルは意外にも超お嬢様だった(@0@)ここのところがサプライズ〜
ヨンダル家よりすごいお屋敷に、運転手つき・・広い豪華なお部屋、父親は病院長らしい・・そして異母妹がいる。
そして看護師どころかお医者さんだった〜(@0@)
美容院へ行きすっかり変身したポクシル(ジェニファーと呼ばれているのはどういうわけだろ〜)ニューヨークの叔母さんもそう呼んでいた・・・モデルさんのようなショッピングシーン、テプンが見たら卒倒しちゃうだろうな〜
それにしても院長に報告されたソル薬局の評判には、笑った〜、一癖ある近所の人達というのも可笑しすぎる(^^)
明日からの展開がほんとに楽しみ〜
posted by rei at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

ポクシルの秘密 続き

今日の「ソル薬局」では引き続き、ポクシルの謎が判明。
ソル薬局にたどり着くまでのいきさつが出てきた。
ジェニファーが本名、身を隠すつもりだったから偽名を使ったわけで、こんな簡単なこと気づかなかった(−−);テプンがポクシルは変な名前だと笑っていたけど、その国の変な名前というのは、日本人には伝わりにくい・・どんな感じなんだろう・・キム・サムスンの時もそうだった・・テプンは台風の日に生まれたからだそうで、やっぱり変な名前らしい。
ポクシルの父親の病院長は、どこかで見た顔・・・調べてみてああそうだった〜「スターの恋人」の教授だった、あと「ラブレター」の司祭だった。厳格そうで、ポクシルが家出したのもわかる気がするけど、もっと深い訳がありそう。
ポクシル改めジェニファー先生は、腕も確からしい・・そして、突然現れた同僚のパク先生・・・これはまた面白くなりそう・・なんて思っているうちに、テプンが就職先を求めて病院へやってきてどんっ(衝撃)
明日が大変だ(^^)

今日は病院病院のシーンが多かったけど、私も今日は病院の日で似たような風景の中に居た、なんかな〜(−−);病院はいつもより混んでいて時間がかかってしまったけど、自分のが済んでからはすぐにタクシーで今度は義母を病院へ連れて行った・・そんなわけで、病院づくしの1日だった。
posted by rei at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

「収二郎、無念」

容堂公の物まねでなんだか別の盛り上がりかたが楽しくなってきた「龍馬伝」(^^)
今回はクワガタが見どころだと・・・出てきた出てきた、肩に乗った・・首の近くへ行った、もうすぐ耳へ耳どんっ(衝撃)いつかここのシーンを見られるのかな〜(^^)
小さな虫が容堂に一撃を食らわそうとはい上がっていく姿・・なにか暗示するモノがあるようだ。
収二郎を助けて欲しいと頼む武市、拷問は止められたが、収二郎に切腹を命じた容堂。武士の誉れというけど、そういう考え方に疑問をもつ人もいただろうに・・・龍馬は「命」をそういうことで絶ってはならないと、考えていた人だから、どんなにか無念だっただろう、それは最後の叫び声に・・
兄権平が帰り際に、道半ばで命を落とさないように・・と龍馬に言った・・龍馬は10年後に・・と言った。でもそれがかなわないことを見る側は知っているから、せつない別れだった。
ケシ粒のようなもの・・というたとえも出てきた。でもケシ粒のようなものが集まって歴史を大きく変えていくものだ、ということもひしひしと伝わってくる。
posted by rei at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 「龍馬伝」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

「ソル薬局の息子たち」

その後毎回、少しずつわかってきた、ポクシルの謎。ポクシルは韓国名だった、父親との仲違いの原因も分かった。
看護師と医者、ポクシルの母と父もそうだった・・・そして、自分もそういう立場でテプンと過ごした3年間。ポクシルのテプンへの思いは母の思いとも重なって深いものだった・・・もうポクシルの気持ちは変わらないのか・・それを崩すとしたらテプンの家族の存在?テプンの思いつきは予想外だった・・・家族との再会ですべて語ったポクシル、それを知ったテプンは昔のように戻れないか・・と言い出すが・・・
このシーンで、テプンの目からみるみる涙が流れ落ちてもうやだ〜(悲しい顔)
うーん、まだポクシルの心はとけない・・まだまだ何かありそう。最終的にはまたあのコンビで笑顔がみられるんだろうな〜と期待してるけど。あの薬局の2階の小児科医院で!
テプンにかわって今度はジンプンがフテ寝、ついに母親に向かって爆発むかっ(怒り)母親がスジンに言ったことを知ったらどうなるんだろう・・
両親の不仲と兄夫婦の不運を、結婚を否定する口実にして一人で苦しむスジンがかわいそう。

家族4人が同時に人間ドックっていうのが面白かったけど・・2年前の今日は私が手術した日だった・・・今頃は鼻にチューブが入っていて身動きもできず辛かったな〜自分の呼吸が止まってまた復活したということは、生き返らせてもらったという、命の更新日みたいなもの。
記念に今年初めてのアサガオの種を蒔いた。
posted by rei at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

ポイントカード

久しぶりにローソンへ寄ったらレジで、「ポイントカードはお持ちですか?」って聞かれたから、あーここもポイントが始まったんだっけ・・・もうポイントカードはこれ以上いらないな〜と思って・・
「いいえ」
ここで終わるかと思ったらレジが空いていたせいか「お作りしますか?」ってきた。思わず「すぐできるんですか?」ってきいてしまったたらーっ(汗)
「お名前と、ご住所を登録していただければ、後日郵送でお届けになります」って、レジのおばちゃんがよどみなくポンポンと・・・そして「今キャンペーン中で、シュークリーム1個差し上げてます」って言うから〜!!!じゃあ・・・って作ってしまった〜見事にシュークリームに釣られた〜(−−);
なんかヨワイな〜こういうの・・
シュークリームはコレステロールが高い食べ物リストに入っているから最近避けていたけど、不意打ちだった〜ただなら食べたい・・って思ってしまった。あせあせ(飛び散る汗)

ゼロから始めるポイントだと、いらないか〜って思うけど、最初に200ポイントつきますとか言われるとついつい、のっかってしまうな・・
posted by rei at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

「故郷の友よ」

やっと土佐に戻って絵を描いたりして穏やかな生活を取り戻したように見える武市半平太、現実は悲しい運命が近づいていた・・・
弥太郎と出会った武市さん、弥太郎に正直に生きろと言われても自分の生き方を変えることはできない・・あくまでも自分の生き方を貫くしかない・・
辛い思いのにじみ出るシーンだったけど、弥太郎が武市の言い方を真似たときはちょっと笑ってしまった(^^)弥太郎はついに材木が全部売れて、明るい兆しが見えてきた。ボロボロの農家のセット、これだけリアルに作るのも大変だっただろうな〜牛も登場してこの牛さんの仲間達の運命も心配。

明暗が分かれる故郷の人々、これは現代社会でも起こりつつあることで、気がかりな世界情勢ではあるのだけど、芥子粒のような我々はどうしたらいいのか・・・

投獄されることになった武市半平太と妻お富の別れのシーンは、撮影中にスタッフが涙したという場面、福山自身も今までで最高にいいシーンだったとおすすめのシーン・・
どんなふうな会話がかわされるのか・・・
武市さんの一言一言がすべてせつない・・それに応えるお富さんの言葉ももうやだ〜(悲しい顔)
役人達が呼びかけるもかまわず二人の最後の朝餉を普通どおり済ませて、いつもどおり「ちっくと出掛けてくる」と言って仕度をする・・
お富さんが羽織を着せるその瞬間・・・これだな〜もうやだ〜(悲しい顔)
下を向いたまま見送るお富さん、振り返る武市さんもうやだ〜(悲しい顔)
もう一度顔を・・・もうやだ〜(悲しい顔)

その頃以蔵にも追っ手が迫っていて、龍馬は必死で以蔵を探しているところ・・・次回もまた辛いのかな・・そうだお龍さんが登場だった(^^)
posted by rei at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 「龍馬伝」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

行列

昨日の話題はiPadの行列、行列に並ぶのはとにかく嫌いなので、みんなよく並ぶな〜と感心。楽しむための行列は「並ぶのが好き」という人もいるらしい・・・入場待ちの行列とかほんとにイヤ(−−);
DSC04232.JPGこの間からデパ地下に行くたびに行列ができていて何かな〜と思っていたら、ガトーフェスタ・ハラダのラスクだという。いつ行っても並んでいるので一度も買ったことはない・・いつになったら並ばなくなるかな・・・
ひと頃行列がすごかったクリスピー・クリーム・ドーナツも最近落ち着いてきたので、なんとかガマンできる並び具合の時買えるようになった。今回は今までで一番空いていて、ほとんど列もなくすぐに買えた(^^)この時もラスクのほうは長い行列ができてた、あと1年くらいお預けかな・・オンラインでも買えるらしいから頼むか・・・

行列しているときの暇つぶしにケータイをいじっている人が多いけど、これは日本人の特徴らしくて、外人から見ると奇異なことだと今朝のテレビでやっていた。ストラップをたくさん付けているのも日本だけらしい・・・韓ドラにでてくるケータイ・・たしかに何もついてない。違うといえば・・・布団、「ソル薬局」ででてくる敷き布団がすごく薄い・・痛くないのかな?といつも思う。「ソル薬局」は今週大きなやまを越えた・・・煮え切らないジンプンがついに決めた!すごくかっこよく見えた(^^)それにしても、韓国では結婚でもめると母親が断食するというのはよくあることなのだろうか・・・院長の運転手の奥さんも断食しているとか言ってた・・どうなったんだろう。
posted by rei at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | foods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

「龍という女」

昨日の土スタは岡田以蔵役の佐藤健さんがゲストで、会場はものすごい熱狂で、以蔵人気のすごさを実感。
そして出てきた以蔵は・・・えっexclamation&questionと驚くくらい色白で大きな目がカワイイ健クン・・・これではもう〜人気沸騰というのは当然でしょう。その以蔵が真っ黒になって京の町を逃げ回る姿・・・裸足で寒くて辛かったというシーン、迫力あった・・・吐く息が真っ白、そんな頃に撮っていたシーン・・・新撰組の登場も不気味で、新撰組メインのドラマとは全く違った雰囲気・・・同じモノも見方を変えると違ったモノに・・・という勝先生の言葉どおり。
龍馬は以蔵を見つけだしたものの結局捕らえられてしまい無念だ・・龍馬の新撰組相手の立ち回りもすごかったし、以蔵の捕らえられるシーンもすごかった・・・なんかスゴイとしか表現できないのだけど、大変だったろうな〜と。
武市さんも牢屋で辛い・・・お殿様の為に尽くしてきたというのに、そのお殿様からこういう仕打ちを受けるという理不尽もうやだ〜(悲しい顔)
歴史の中身とはこういうむごいことの連続ばかりでできているのだな〜とやりきれなさでいっぱい。
お龍さん登場・・・「坂本さんは赤の他人」と言っていたお龍さんが龍馬の涙を見て変わって行くのかな・・・

バルディアのお好み録画で夕方の「歌の楽園」という番組に予約が入っていたので見たら長崎にちなんだ歌ということで、福山の歌を他の人が歌っていて面白かった・・そしたら前川清さんが登場して「ひまわり」を歌った・・・これは初めてテレビで見るかな・・前川さんが「福山先生」と言うのが可笑しかった(^^)
この間はNHKの「あさイチ」で福山の歌について服部さんが語ってて、「スコール」を松本英子さんが歌った・・これもテレビで見るのは初めて。今度プレミアムトークに福山登場・・・これは久々のトーク番組で楽しみわーい(嬉しい顔)NHKの朝の番組もずいぶん変わった〜民放のワイドショー的になってきたような・・
posted by rei at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 「龍馬伝」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。