2010年01月01日

獅子舞

2010年、明けましておめでとうございます。

新しい年を迎えるというのは昔は大きな行事だったのに、年々この区切りに大事にしなくちゃいけない心のあり方を、テキトーに流してしまっているような気がして、反省(−−):
伝統的な年越しもすべてテレビを通して見ている状態・・そんな中、お正月らしいことといったら?
まず、分厚い新聞から・・朝日には講談社の広告は載ってないとあきらめてましたが、その代わりテレビ番組版のトップに福山の大きな写真が載っていた〜(^^)
次におせち料理・・ついこの間食べたような(・・);これも年々手抜きになっているので反省。
テレビ・・初日の出中継を見るといつもの日の出とちがって神々しく感じます。
年賀状・・?十年(ーー);会ってないのに年賀状だけでつながっている・・・年に一度のこのつながりがやっぱりうれしい。

獅子舞次に外へ・・商店街の広場で太鼓と笛の音がして人だかりが・・・獅子舞でした。そういえば子どもの頃、家々を廻る獅子舞が玄関先に来て一体いつ帰るんだろう?と怖かった記憶があります。今日の獅子舞は大黒様の舞いもあって、打ち出の小槌を振ると小判が出てきてそれを撒いてくれるので歓声があがってました。手品っぽく見えるけどしっかりタネは見えてました(^^)テレビじゃなくて生で見るのってやっぱりいいな〜と、今日一番お正月らしかったことかな・・

なんといっても今年のお正月には福山が大きな存在。
昨日の紅白は長崎からの中継って・・・2009年の締めくくりが故郷で紅白出演、稲佐山のライブもあった年だけに最高の場所だと思います。しかもあの髪型は・・まさに福山と龍馬が一体となった格好で・・・やはりNHKではこのかたちか〜そのあとのカウントダウンTVのライブはいつもの髪型でアーこれは龍馬ではないフクヤマだ!とわーい(嬉しい顔)
そしてきょうのスタジオパーク、ほとんどずっと顔のアップが続いたのには驚いた〜(^^)こんなに長時間見続けたのは初めてかも・・
その顔が・・龍馬なんだか福山なんだか・・わからなくなってきた(><)
とにかく今年は「福」いっぱいの年になりそう・・
posted by rei at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

「龍馬伝」スタート

ついに3日exclamation待ち切れず6時からのBSハイビジョンで見て、また8時からの総合テレビで見ましたわーい(嬉しい顔)
今グルグルと頭の中をいろんなことが巡っているのをとりとめもなく書いてみると・・・
オープニング・・追いつけない(笑)くらいのはじけるCGカッコよかった〜
全部つながると第1話はこうなるのか〜
大人になった龍馬の初登場シーンがあの場面だったとは・・・そして予告で何回も流れたセリフが、初のセリフだったとは〜
映像がきれい、優しい光に包まれたほわーっとした映像。その場にいるように感じさせてくれます。ちょこっとでてくるネコちゃんやにわとりやオウムがいいな〜
どうしても福山ばかり注目しちゃいましたが、弥太郎がこの間まで「坂の上の雲」の子規だったのに・・というか、香川さんの汚れ具合、目力、表情が超個性的で面白い。この弥太郎と龍馬の出会い、弥太郎のやきもち(わかりやすくて面白い)・・というものがこれからどう絡んでくるのかが楽しみ。
歴史を変えた人と人の出会いというのは劇的なようで意外とささいなことなのかもしれない・・・
明日もインタビュー楽しみ。


posted by rei at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 「龍馬伝」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

「龍馬伝」第1話

昨日は朝と夜に福山のインタビュー、そして夕方は香川さんのインタビュー、これで一段落かな。
香川さんはとにかく汚くすればするほど演技が楽になるとのこと、身も心も徹底して弥太郎になりきれるように、お菓子もガマンしてそれを悔しさに〜(^^)
初回を見るまで楽しみにとって置いた解説本を少し読んでみました。
子供時代が短くまとめられているのでこれは解説の助けがいるかも・・龍馬が姉さんに叱られてばかりと沈みこむのを、慰めたのは6歳年上の武市半平太だったんですね・・・そして今度は大人になってからの場面で、酒に弱い半平太を龍馬が気遣う言葉がやさしい〜酔いつぶれた半平太を龍馬が「タケチさ〜ん」と呼ぶところなんかは、ラジオで「イマナミさ〜ん」と笑うときの雰囲気そっくりでなごやか〜(^0^)

涙のシーンもたくさん、何故か龍馬の父と兄がお墓を守って雨の中立ち続けるシーンもホロリ。こういう仕事があったんですね〜
龍馬母が病で龍馬の将来を見届けられないのではと父と語るシーン、それを乙女が聞いているところはもうやだ〜(悲しい顔)・・
龍馬をしっかりさせなくてはと龍馬を特訓する乙女、けなげです。母亡き後、母親代わりを務める乙女が武市半平太が訪ねてきたとき、顔がはじけるようにパーっとほころぶのがスゴイ・・憧れの人なんだな〜その乙女と半平太は、弥太郎をかばう龍馬の姿を見てガーンと衝撃をくらうわけです。弱虫の、ふらふらしているたよりないような龍馬が上士相手に命がけで弥太郎をかばう姿・・
これには弥太郎も仰天してただただ龍馬を見つめるばかり・・この瞬間弥太郎の龍馬に対する気持ちが変わった?というよりわからなくなった?自分が一番頭がいいと自信たっぷりに宣言してしまう弥太郎のキャラクターには強烈な引力があります。龍馬がどうなるか・・弥太郎がどうなるか・・・とっても楽しみです。
そういえば、初めて龍馬と弥太郎が口をきいたとき、あの目にも留まらぬ早業でお饅頭を横取りしたワンちゃんにもう一度会いたい〜(^0^)
posted by rei at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 「龍馬伝」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

福袋

今年はお店で福袋を買わなかったのですが、2日の日にドクターシーラボからきたお知らせを見て、これはexclamationと1万円の福袋を注文してしまいました。化粧品の福袋なんて初めてなのですが、今使っている377というのがいいので、他のものを試すのにいいかな〜一番使ってみたいクリームが確実に入っているし、さらに数個の商品が入って2万5千円相当だというので・・・
DSC02396.JPGそして一昨日福袋というか福箱が届きました。自分で注文したのだけど、こうやって届くとプレゼントみたいでなんかうれしい〜わーい(嬉しい顔)
いろいろ入っている〜どれどれ・・と見てみるとどれも使えそうなものでよかった〜8個プラス、おまけのスポイト、あわ立てネットつき。
クレンジング、洗顔フォーム、化粧水と毎日ひとつずつ順番に試してきて化粧水が気に入りました。とろーりとしてしっとり。
次はいよいよ期待のリフトアップゲルです。
今までいろいろ使っても結局年にはさからえないか〜というきわめてわかりきった結果をわかっているんだけどたらーっ(汗)・・でもやっぱりひょっとしたらいいかも〜なんて思ってしまうんです。(−−);


この1週間「龍馬伝」の余波が続いていて、昨日もスタジオパークで寺島さんがでてたりして、目がはなせません。なんと、紅白の後「はつ恋」がまたデイリーで1位になったとか・・NHKにも反響が続々とか・・うれしい。視聴率は最初から高いより、だんだん上がっていくほうがいいかな〜篤姫の時みたいに。
今日の魂ラジでは紅白の裏話が聞けるのかな、楽しみ〜(^^)
posted by rei at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

第2話「大器晩成?」

冒頭、いきなり江戸行きを願い出る龍馬、家長は兄の権平になったというので、呼びかけも、「兄上様、父上様」という順番だった、この辺の序列、家長という立場の重み・・・
龍馬に、堤造りの差配役を命じたのは、次男としてしっかりして欲しいという親心、家長の命には従うしかない龍馬。命じられた役をなんとか務めようとするところに若さ、未熟さみたいなのがにじみでていて・・そうか、まだ10代なんだっけ、うまくいくわけないな〜
龍馬のアイデア、お酒と歌・・三味線、ここで急に「福山」に!〜なんか楽しそうるんるんおまけシーンかな・・
村人には無視され、突然の加尾の縁談話と告白に愕然となり、結局加尾のことも村人のことも「わしは人の気持ちがわかっちょらん」と思い知り、無力感、挫折感たっぷりの泥まみれシーンでした。メイキングで重たくすると言っていた俵は本当に重たそうでした。軽いのを重たそうに持つより、ほんとに重い物を持つ方がリアルだし、自然な演技になるのでしょう。

もう一人の10代の若者弥太郎は・・・弥太郎がでてくるときの音楽がいいるんるん・・・キュウリをくわえてのシーン、でた〜(^^)またしても龍馬のことで嫉妬心がわきあがり、自分との違いに腹立たしくてしょうがない。弥太郎の家はとてつもないボロ家、追いつめられた弥太郎を母がへそくりでしっかり救ってくれる。それなのに、それを使い込んでしまう岩崎家の家長である弥次郎、現代なら家庭崩壊の危機なのに、母も弥太郎もなぜか寛大。絶対にこわれない家族愛があるようです。
この状況から抜け出したいという弥太郎の行く先は・・汚れた弥太郎がでてくるのがとっても楽しみ、いつまで見られるのかな。わーい(嬉しい顔)

龍馬の江戸行きを許した父にはもうやだ〜(悲しい顔)ですが、なんか急に弱々しくなったのが気がかり・・・でも、土産を忘れたとか、団子をほおばっているのを武市さんに見られたりするところとか、クスッとさせてくれます。
初回の拡大版でさえ短く感じたくらいなのに、通常の45分なんて・・
毎回6時と8時に見るのが定着しそうです。

題名に「?」がついているの見落としてました(><)ので付け加えました・・・大河ドラマでこういう題名ってびっくりしました。(^^)
posted by rei at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 「龍馬伝」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

久々に韓ドラ

今週はフジTVで韓流αが始まって「私の名前はキム・サムスン」をまた見ています。なによりノーカット版で、字幕つき2ヶ国語なのがうれしい〜、カットされていたところに、新しい発見があって面白い・・・あの秘書のこと何かわかるかな〜まだ気になってます。
番組の前後に解説つきなのも楽しいです。サムスン役のキム・ソナさんは、ほっそりして、お化粧のせいもあって全く別人のようだ〜あのポッチャリしたサムスンの面影がありません。
このドラマはセリフの中に格言的なものがでてくるのが面白いのです。サムスンの元カレ、ヒョヌの言葉、たしか「忘れない・・心の隅に残ってる・・」みたいなこと言ったのを聞いて、あれ?これ聞いたことがある・・・と考えたら、このドラマの終わりのほうでたしかジノンが同じようなこと言ってた・・・同じ言葉が、人や時を変えて出てくるので気をつけて聞いていると面白いです。
あ〜それにしてもこのドラマを見ているとケーキバースデーが食べたくなる〜わーい(嬉しい顔)

NHKのほうでも「スポットライト」が始まって、見逃していた第1話をやっと見ました。あせあせ(飛び散る汗)拡大版でずいぶん中身が豊富でした。見なくても2話以降楽しめましたが、やはり第1話を見るとそうだったのか〜ということがたくさんたらーっ(汗)

    



posted by rei at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

第3話「偽手形の旅」

福山づくしの贅沢な週末でした。昨日はWOWOWで道標ツアー、さいたまスーパーアリーナ7月5日、この中に自分がいたのだけどその辺がなかなか映りそうで映らない、
お?っと思った瞬間画面は変わるし(><)・・・SB席からは見えなかった照明や映像が見られて、こうなってたのか〜と。それにしても歌、演奏、パフォーマンスすべてにおいてすばらしく、改めて感動。

さて、今日の第3話、弥太郎がメインということでした。きちっと家族に送り出される龍馬。負けじと必死で自分を売り込む弥太郎、龍馬の往く手に突然現れた「破れ笠」、でたぁー!あの黒光りした顔!(^^)
「がさつなやつ」といわれてましたが、遠慮しない、ずうずうしさ、それが弥太郎の原動力みたいになってる。宿屋で龍馬の父からの心得をそっと読む弥太郎、何を思ったのだろう・・龍馬に自分の覚悟を話す弥太郎、龍馬は深く動かされて同行を決心し、偽手形がばれそうになるとかばおうとするが、急に弥太郎は龍馬たちを巻き込まないよう赤の他人のふりをする。大嫌いだけど、頼りにしたり、助けられたり、助けたり・・
次はどこに現れるのかな・・楽しみです。
博打で勝った弥次郎が、弥太郎のために本を買ってきたなんて・・そして家出を知った落胆ぶり、耐える母、武市半平太の胸中、加尾の迷い・・江戸で出会う人々、さらに登場人物が増えて面白くなりそうです。

加尾との別れのシーン「これでいいがじゃ・・」という・・このつらそうな龍馬・・福山自身の上京シーンを思わせるシーンでした。「世の中のことを知りたいがじゃ・・」は、まさに「燃やし尽くしたい想いがあるよ・・・未来への地図さがしてた・・るんるん」みたいな。(^^)


ただ僕がかわった 福山雅治 歌詞情報 - goo 音楽
posted by rei at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 「龍馬伝」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

スタジオパーク

ryouma4.JPGNHKのスタジオパークに行って来ました。以前どーもくんにハマっていた頃に行って以来しばらくぶり・・・入り口の巨大どーもくんを見たらテンションがあがった〜(笑)本来は「龍馬伝」目的なのに、あちこちに出現するどーもくんにソワソワしてしまう。
小学生の団体がたくさん来ていて、いろいろ体験コーナーとかやっていたけど、今の子たちはどう思うのかな・・
私が小学生の頃、NHKは内幸町にあって(おそろしく昔だ・・)見学した時は、テレビ局の中に入れるというだけで感激だったしスタジオとか見たときはほんとうに驚きだった・・

ryouma5.JPG龍馬伝コーナーは龍馬の脱け殻が立ってお出迎え〜福山が着用した衣装ということで首から上を想像して見てきました。わーい(嬉しい顔)
スタジオ内はカーテンが閉まっていて隙間からちょっと覗いてみると・・・結構照明がついているので準備中なのか・・なにかやっているみたいだけど、上からは屋根しか見えない(><)



ryouma2.JPG壁には出演者の方々のサイン色紙がビッシリとはられていて、中でも目を引くのは児玉清さんの色紙、ステキな龍馬と八平の絵にびっくり・・
福山の色紙には「全力疾走」ダッシュ(走り出すさま)
香川さんのは「乾坤一擲」・・・
さすが学問のできる弥太郎さんらしいお言葉〜
う〜ん難しい・・調べましたあせあせ(飛び散る汗)こちら



ryouma3.JPGショップで龍馬伝グッズをと思ったら、どーもくんグッズがいっぱい〜(^0^)
クリアファイルとかかわいい〜、ついいろいろ買い込んでしまった(^^)龍馬伝のお菓子も、ストラップも・・・極めつけは、龍馬伝どーもくんのガシャポンがあって・・・カワイイ・・・
200円とは高いな〜と思いつつ、ここでしか無いのかな〜とやってみたら、一番欲しいのはでなかったけど・・
これにハマるとコワイのでほどほどに・・
posted by rei at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

どーもくんクッキー

domo1.jpg DSC02489.JPG
昨日のお土産のどーもくん缶クッキー、缶がかわいくて迷わず買いました。なんと中身のクッキーはヨックモックのラングドシャー、チョコ&アーモンドで、おいしい〜。袋の絵がこれまたカワイイハートたち(複数ハート)〜そして食べ終わってから気がついたのですが、裏にもうさじい家の小物の絵がちょこんとついていて、すごくうれしいデザインで、捨てるの惜しいくらい、おまけにシールもついている〜わーい(嬉しい顔)

DSC02488.JPG DSC02487.JPG
いっぽう、龍馬伝のお菓子は悩みました・・・お饅頭系、お煎餅系、クッキー系・・・とりあえず今回は「りょうま 湯のたまごと申し候」というカスタードクリームの入った、例の「○○の月」に似ているやつに・・
包装の龍馬さんの絵とはだいぶかけ離れた小ぶりのかわいい蒸しケーキでした。
外箱には龍馬とお龍さんが温泉の足湯につかる姿が・・・
こんな光景がそのうち見られるのかな〜
posted by rei at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | foods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

「江戸の鬼小町」

日曜は外出していて、「龍馬伝」を10時に見てあせあせ(飛び散る汗)次の日もう一回録画で見て・・そのあとまたなんだかんだ忙しくてあせあせ(飛び散る汗)
そして今朝の新聞を見たら、第4回の視聴率が初回を上回ったそうです。右斜め上さては・・あの問題のシーンのおかげなんでしょうか・・・というよりだんだん面白くなってきた・・という声をちらほら聞きました。
「福山さん目当てに見始めた方が、気づいたらもう抜け出せなくなっている、という状況をつくるべく・・・」という脚本家福田さんの狙い通り、他の登場人物にもどんどん惹きつけられてきている状態です。
渡辺いっけいさん登場です。栗林さんを思い浮かべてしまいつつも、立場は逆なところが面白いです。
江戸に着いたと思ったらすぐに道場へ、そしてすぐに稽古、めきめき腕をあげて・・・鬼小町と呼ばれる佐那の心もつかんでしまう・・・どんどん進んでいきます・・もう黒船も来ちゃったし・・・
土佐のほうも変わって来ている、半平太が学問を教えるようになり、弥太郎も塾を開くし、そこへ加尾が来て学問を学びたいと・・・
弥太郎の「夜明けじゃ〜」ハートたち(複数ハート)が可笑しかった(^^)ほんとうに弥太郎の格好と顔を見ているだけで楽しい〜
posted by rei at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 「龍馬伝」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。