2009年11月03日

只見線

今朝のめざましテレビで「鉄道が映える紅葉スポット」をやっていて、なんと1位が只見線でした。鉄道ファン対象のアンケートだったそうです。しかも、SLのおまけつき、今日11月3日が今年最後のSL会津只見号の運転日だとか・・・来年は是非SLを見に行かなくては・・・
ただしSLは六十里越には来ないので残念、会津若松〜只見間のみの運転だそうです。→ SL会津只見号

紅葉もきれいだけど、私は早春の雪景色の中を走る只見線に乗ったときがよかったです。まだ雪のために六十里越の国道が通行止めになっているとき、この区間に入れるのは只見線だけで、大白川〜只見間の車窓から見える春を待つ樹々の根回り穴、静かな深山の中をゆっくりゆっくり進む列車。早い電車に慣れてしまった体には、ディーゼル列車の音と振動に鉄道という生き物を感じるようです。深山のキーンとした冷たい空気に触れられるほんとに素晴らしい鉄道の旅です。

1995.5 只見駅昔の写真探してやっとみつけた。スライドから取り込むのにひと苦労(−−);


週刊「鉄道絶景の旅」只見線





posted by rei at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

11月のアサガオ

2009.10.22急に冷え込んだり、雪の便りも届いたりするような季節になってきたのですが、歩くにはとってもいい季節です。少し最初は寒いくらいでもだんだん歩くにつれてポカポカしてきてちょうどいいです。夏の間きれいだったアサガオもすっかり枯れてしまってフェンスの下に、こぼれ種から咲いた花が咲いています。

2009.11.05←今日はこんなところに咲いているのを見つけました。アスファルトのほんのわずかなすきまから咲いている、けなげなというかド根性なのか・・
そこで思い出したのは、相田みつおさんの日めくりカレンダーの言葉、
丁度今朝見た5日のページ

花には人間のような
かけひきがないからいい

ただ咲いて
ただ散って
ゆくからいい

ただになれない
人間のわたし

相田みつお


花は種が落ちたその場所で育ち、咲いて実を結びます。そこが居心地のいい場所かどうかなんて選べないから、そこで生きていくしかないわけで・・なんか考えさせられちゃいます。




posted by rei at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

1枚の写真

自然に目を移せば紅葉が始まってキレイな世界が広がっているというのに、仕事では年末に向けてあわただしい流れが押し寄せてきて、世の中はインフルエンザだとか暗いいやなことばかり多くて、テレビをつけても気が重いです。
そんな中、救いは新しいCMにめぐり合ったときと、やっぱりこの話題、「龍馬伝」。
今日の土スタで新しいキャスト発表でまた龍馬にお目にかかることができて
うれしい(^^)
ゲストは常盤貴子さんで、今までの出演作品紹介で、「めぐり逢い」が出てきた時は、オっと思ったけど、素通りでした・・残念。

DSC01683.JPGBROS.の新しい会報が来て、すばらしい写真ばかりで、またツアーの感動がよみがえってきました。
写真のような近くからの姿は見えなかったにしても、結構ステージ近くで見られたことがなんといっても今回のツアーの醍醐味でした。それは福山自身の「もっと近くで見たいんです」という思いもあったから実現したステージだったそうで、これからももっと近くで見られるステージを楽しみにしてます。
「感謝!感謝!感謝!」の言葉に始まる長い文章から一気に最後のページまで読んでしまいました。ラジオで聞くのもいいけど、こういう文章でメッセージを伝えてくれることに感謝です。(^0^)

今回の会報はすごく内容が濃くて、2009年の福山のすべてがぎっしりつまった宝物。ツアーの写真、飛び、跳ね、踊り、弾き、歌う、話す・・・そしてツアーの合間の楽しいショットの数々、そして、1枚のとても心に残る写真・・・サラリーマン時代の証明写真。この写真を見るとすごく感慨深いです。この顔に秘めたパワーがあったんですね〜、ここから今の福山の姿にたどり着く道のり、20年という活動の重み・・そしてこれからの道のり、想像を超えた世界へ・・
来年の今頃はひょっとして年末の感謝祭のこととかあるかな〜ちょっと早すぎですか・・やっぱりライブ見たいです(^0^)/
posted by rei at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Beautiful Day福山雅治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

「はつ恋」リリース

あれもこれもと思っていたのに書かないうちに1週間経ってしまって、そしたらなんと福山のニューシングル「はつ恋」が12月16日に発売!!とかで、一気にお祭りモード、シャキッとなってます。

20091114 昨日は朝のとくダネ!でEXILEの奉祝曲を見たのですが、Mステではその話はでませんでした・・・前日のパフォーマンスから茶会、Mステと大変な2日間だったであろうと・・奉祝曲はCD化の予定はないということで、一夜限りの歌、それなのに後世に歌い継がれるようにと言うのは矛盾しているような・・


20091114「移りゆく空の色を見逃さぬ私でありたい・・」っていうわけではないけど、今日の空模様はすごかった。
朝は小雨の中歩いていったらだんだん日が射してきて晴れるかと思ったらこのどんより重たい空・・そして夕方には西の空は朱色に染まって黒い雨雲を押し上げていくようでした。


Mステでは過去の映像で、今井美樹さんのとなりに座っている福山が出現、この頃はファンでなかったしMステも見てなかったからなんか新鮮〜、髪型も全然違うし・・でもしゃべり方はいつものまんまだ〜そうそう、レグザCMの反響がすごいとかで・・「はつ恋」の配信が紹介されてたぴかぴか(新しい)
12月16日のシングル発売でも1位とってもらいたいな〜例によって3種類もでるというし、クリスマス向けのデザインだし売れるといいな〜1位をとって気持ちよく2010年を迎えられればいいな〜と願ってますが、それには買わないとね・・とりあえずミュージッククリップ付きは買います。(^^)
「アンモナイトの夢」がついにCDになるので、やっとフルでじっくり聞けるし、「ON AND ON」も新しいアレンジで、新たに録音したものとか、とっても楽しみです。
もうアマゾンの予約ランキングで3,4位グッド(上向き矢印)にランクインしてるわーい(嬉しい顔)出足早いですね〜
はつ恋(初回完全生産限定盤)(Tシャツ+ドレスステッカー付)
はつ恋(初回限定盤)(ミュージッククリップDVD+ドレスステッカー付)(DVD付)
posted by rei at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

キットカット一味唐辛子味

このところ、旅行のお土産がラッシュでした。
白松がモナカ 萩の月
息子が仙台へ行き買ってきたのが、白松がモナカ・・・実は頼んだのですが・・・
待望の胡麻あんがうれしいです。(^^)
地方へ行くたびに、その土地の「○○の月」というお菓子があって、最近は面白いので、必ず買うようにしているそうで、今までに数種類食べましたが、やはり「萩の月」は本家といったかんじで美味しいです。
キットカットずんだ風味それとキットカットの東北限定「ずんだ風味」。
袋を開けたときにホワーンとずんだの香りがします。口に入れると最初は枝豆の味がありますが、そのうちホワイトチョコレートの味になります。淡いグリーンの色がきれいです。

キットカット一味唐辛子そして昨日もらったのは、なんと唐辛子味の
キットカット(@@)
長野の善光寺のお土産で、善光寺の有名な
八幡屋礒五郎の一味唐辛子とキットカットのコラボだとか・・・パッケージには「大辛」って書いてあるし〜エーいったいどんな味が??とおそるおそる食べてみました。
チョコは黒いビターチョコ、見た目はフツウです。
ビターチョコのなかに入っているんでしょうか・・一口食べても、あまり感じないかな〜と・・チョコが口の中でとけてくるにしたがってちょっとヒリヒリした辛味がやってきました。でも恐れていたヒーリヒーリするほどの辛さではなく優しい感じでこれならダイジョウブそう(^0^)
これは信州限定ですが、キットカットのホームページ見たらキットカットリトル唐辛子というのが全国発売になるそうです。
posted by rei at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | foods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

ライブカメラ

昨日の雨からまた急に寒くなりました。
今朝はパソコンでいつも見るページを開いてビックリ・・・
一面の雪景色・・寒いわけです、もう山には雪がこんなに
お気に入りに入れている美ヶ原の王ヶ頭のライブカメラです。
居ながらにして毎日美ヶ原のすばらしい風景が楽しめるとっておきの場所です。(^^)

美ヶ原王ヶ頭ライブカメラ
11月18日朝


ライブカメラの映像と定点カメラの写真など、ここに住んでいなくては見られない瞬間の風景が見られるのがうれしいです。
夏の間はなかなか遠くの山が見えなかったのに秋になってからは朝の展望がすばらしかったです。
刻々と変わる山の天気と展望・・このページを見ると爽快になります。
昨日の朝見たときは確か雨で煙っていたと思ったのですが、その後は見ていなかったので、一夜明けてこの真っ白な世界!!18日の定点カメラに写っているガラス細工のような樹々がキレイ(^^)

もうひとつのお気に入りは上高地のライブカメラ、観光シーズン終わったとのことで、見に行ったら、もう終了して見られませんでした。冬の間の様子も見たかったです。
posted by rei at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

紅白出場

今朝のテレビで今日は紅白の出場者が発表になるという・・・今までだったら発表になってからフーンそうなの?って感じだったのに、今年は大注目イベント(笑)
午後の日テレで、なんとNHKよりも早く速報が流れるというので見ていました。会場から電話で伝わる様子、紙が配られた・・、その紙を走って持ってきて、レポーターの手に渡す、それを読み上げる・・・なんかもうすごい緊迫感ドキドキ、アイウエオ順に発表される名前、いよいよ「フ」・・そして「福山雅治」って言った〜ぴかぴか(新しい)
発表でこんなに盛り上がるなんてはじめて(^0^)/


夕方の芸能ニュースやNHKのニュースでは、紹介の時に「はつ恋」のPVがながれて、これまたドキドキ。今日から流れるんですね〜曲は土曜にフルで、そしてPVは16日まで楽しみにしてます。ところで、紅白では「はつ恋」なのか?・・・なんと桂浜からの中継で参加とか・・・龍馬らしくというか福山らしい登場。ステージよりやっぱりコレでしょう。

昨夜の「龍馬伝」の予告、これはほんの一部だけど、なんかすごく十分な感じがしました。時代劇というものにしっくり来るかどうか一抹の不安のようなものがあったのですが、ふっ飛びました。
すごく自然に龍馬になりきっている・・どのシーンもすごい、これはもうスゴイ予感がします。
posted by rei at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Beautiful Day福山雅治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

イチョウと鴨

銀杏並木今日まで小春日和で明日から天気が崩れるらしいから、この時期毎年見ている銀杏並木をやっぱり見に行かなくちゃ・・・
近所の並木は丁度真っ黄色なのに・・・もうここのイチョウはほとんど葉が落ちてしまってさみしい。まっ黄色のじゅうたんも芝生の上には積もりっぱなしでいい感じ。並木道はすぐに掃除されてしまうので、その前にということで朝寄ってきました。



モミジ イチョウ 
今キレイなのはモミジ、春の桜と同じで何度も撮ってしまう。

ここは「ひとつ屋根の下」で雅也と小梅が立話をしていた池のほとり。
ここに福山が立っていたんだ〜(^^)・・と、目が合ったのはカモちゃん・・カモはインフルエンザを運んでくるとか・・でもカワイイ(^^)こんな顔を見ているとついつい何枚も写真を撮ってしまいます。こりゃバードウォッチングにはまってしまうカモ・・
カモ池  カモ 
カモ足とイチョウ葉なんとイチョウの名前の由来は葉がカモの足の形に似ていることから、中国語の鴨脚( ヤーチャウ)からきているという説があるそうです。写真に偶然両方写ってた〜(^^)


posted by rei at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

「アンモナイトの夢」

ラジオで「はつ恋」るんるんと「アンモナイトの夢」るんるん聴きました。
「はつ恋」は全体を聴いてもまだサビの部分しか頭に残っていません。どうしてもそこに来るとホッとしてしまって、その前の部分が・・・どこかへいってしまう(−−);ただ、2番の歌詞がなんかせつなかった〜今日みたいに曇り空の寒々しい日に聴くともっと寂しくなってしまう。



「アンモナイトの夢」は福山の言うとおりヘッドフォンで聴くとスゴイ。CMや今までかかったときの音より複雑で奥が深くなっていて吸い込まれそう。
たしか、CMのロケを最初アイルランドかどこかでやる予定だったとか言ってたけど、アイルランドとかスコットランドとか、(行ったことはないけど)そういう荒涼とした原野を吹き渡る風の音のような・・日本とは全く違う空気の流れている空間に放り込まれたような気分になります。地中深く眠るアンモナイト・・現代の世界なんて化石たちから見れば夢のようなとりとめもない、はかない世界で、その中で日常の雑事に追われている・・・そんなゴタゴタな我々の生活を洗い流して清めてくれるような・・・ヒーリング効果抜群の曲です。逆回転させた音とかいっても、どういうことなのか全然わからないのです(−−);でもかもしだされる不思議な感じの音色は、そのせいなんでしょうか・・
とにかくインストゥルメンタル曲にステキな曲が増えてCDとして聴けるのはうれしい(^^)



これもいいかも・・
ベスト・オブ・ケルティック・ミュージック
深い森のケルト
posted by rei at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Beautiful Day福山雅治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。